保育理念

~ ともに生き、ともに育ちあう保育 ~

当園は、子どもたちと共に、職員や保護者も成長していける保育の実践に取り組んでいます。仏さまの教えに触れながら、自分自身を振り返り、子どもたちと一緒に大きくなる――これが当園の理念とする「ともに」を意味します。

また、もう一つの意味として、「仏さまと共に」があります。日常を通して、いのちの大切さや生きる喜びを知り、自然の恵みや社会への感謝の心を育んでいくことを大切にしています。

四恩(しおん)とは

  • 父母のご恩
  • 自然のご恩
  • 社会のご恩
  • 仏さまのご恩

人間はひとりで生きていくことなどできません。「恩」という目には見えないあらゆる恵みの力が働き、たくさんの人に支えられて生かされています。

四つのご恩に感謝し、おかげ様の心を大切にする ― すなわち報恩感謝(ほうおんかんしゃ)のこころを育んで互いを尊重し合い、ともに育ちあう保育を築いていくこと、これが私達の園の理念です。

  保育方針

  1. 子どもが安全、健康に過ごせる環境を用意し、健全な心身の発達を図る保育を目指す
  2. ひとり一人を大切にし、自主性を育む保育を目指す
  3. 基本的な生活習慣を身につけ、自律できる保育を目指す
  4. 集団生活を通して、友だちとの関わりの中で社会性を身につける保育を目指す
  5. 家庭と共に子どもの成長を見守る保育を目指す

  保育目標